赤坂 歯科 院長・スタッフ紹介 歯医者
セカンドイメージのドロップシャドウ
メイン部分のトップ

医院の特徴

>ドクター紹介

スタディグループへの参加状況

赤坂デンタルオフィスのドクター陣は、日々積極的に学会・スタディーグループに参加し、数多くの認定を取得しております。

サーティフィケイト

  • 日本口腔インプラント学会
  • 顎顔面インプラント学会
  • 咬合療法研究会
  • 筒井塾
  • 顎咬合学会
  • JIADS
  • GCインプラント
  • ITIインプラント
  • ESSIXセミナー
  • クリアライナー

ページのトップに戻る

院長 吉田 雅幸

私達は患者様に信頼・信用していただくことを心掛けております。その為には、第一にご来院の理由をよくお聞きしてから、お口の中が現在どういう状態なのか、どうなっていったら健康を保てるのかを、しっかりとお調べします。そして、その結果をより分かりやすくご説明し、よく相談して方針を決め、その上で治療させていただいております。絶対にあきらめずに最後まで納得のいく治療を目指します。

患者様へのメッセージ

総院長吉田雅幸

私達はいつも、ご来院された皆様の口腔内を守り、噛む機能を回復させ、ひいては健康の増進と笑顔の美しさを得ることによってストレスを減らし、生活の質を向上させることを目標として、日々、研鑚しております。
痛みや不安で当院を訪れても、最後には笑顔で帰ってもらいたい、常にそんな思いで診療にあたっています。 患者さまとのコミュニケーションを第一に考え、何となく治療が進んでいたということがない様な、安心感のある心地良い空間を目指しております。
また、その中でいろいろな治療方針をプランニングさせていただき、それぞれの良いところ、悪いところを理解していただいた上で、患者さまに最善の治療を提供できたら幸いです。

虫歯・歯周病はもちろん、予防にも力を入れ、毎日、患者さまが思いきり笑って、美味しいものを美味しく召し上がっていただける素晴らしさをお伝えできたらと考えております。
患者様の口腔ケアを大事に、一生お付き合いいただけるホームドクターを目指しております。
何でも御相談いただけたら幸いです。

総院長吉田雅幸問診総院長吉田雅幸治療

経歴

  • 都内の咬合治療が中心のクリニックで4年間勤務
  • 米国の州立大学にて研修
  • 相模原市の吉田歯科院長に就任
  • JIADS・筒井塾、などで知識の取得
  • 2005年 自由ヶ丘デンタルスタジオを開業
  • 2008年 医療法人化 理事長就任
  • 2011年 赤坂デンタルオフィス開院
  • 顎咬合学会会員
  • 顎咬合学会認定医
  • 咬合療法研究会、JIADSCLUB所属

ページのトップに戻る

歯科医師 平島 智秀

歯科医師の平島です。
私が行いたい医療はどういうものなのかということ。それは「患者様と歯科医師が一体となった医療」であります。患者様の不安な気持ちを解消できるよう、患者様からの声をお聞きし、全体ミーティングを行うことで、患者様に気持ちよく来院していただき、満足してお帰りいただけるよう努力しております。皆様、どうぞお口の健康で不安なことがございましたらお問い合わせください。

ページのトップに戻る

歯科医師 鈴木 雄大

はじめまして、歯科医師の鈴木雄大です。

歯の健康は、食事の楽しさや笑顔の美しさだけではなく体全体の健康に大きく関係し、生活自体に影響を与えます。
そのため、歯科治療は、患者様の「Quality of Lifeを豊かにするためのお手伝いをすること」であると考えています。

しかし、歯科治療に対しては不安や恐怖心があると思います。そのため、治療前には口腔内写真などの様々なデータを採り、患者様とよく相談をして方針を決定し、そのうえで治療させていただき、満足してお帰りいただけるよう努力しております。
治療後には患者様1人1人にあった口腔環境を維持していけるように、そして将来も元気に楽しく笑うことができるように、一緒に歯の健康を守っていきましょう。

どうぞお口の健康で不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ページのトップに戻る

歯科医師 油科 沙希

歯科治療というと「痛い・怖い・何をされているかわからない」というイメージがあるかもしれません。
そんな不安を少しでもなくして頂く為に、まずは現状を写真に撮って画面上で説明させて頂きます。
そしてどうして削らなければいけないのか、どうして抜かなければいけないのか どうしてあえて治療しないのかなどを明らかにし、治療方法の種類・メリットデメリットなど事細かに説明し、納得頂いた上で治療を始めていきます。

予防から再治療までMI(ミニマル・インターベンション)の観点で少しでも歯を保存できるよう、日々進歩する医療を 勉強し、患者様に噛めることの素晴らしさ、お口の健康の大切さを感じて頂けたら幸いだと思っております。

よろしくお願い致します。

ページのトップに戻る

歯科医師 大久保 望

はじめまして。歯科医師の大久保です。

ご自身の口の中の状態というのは分かっているようで、意外と分かっていない事も多いものです。 虫歯は必ずしも痛みを伴うわけではないですし、歯周病に至ってはSilent diseaseと言われるように自覚症状が乏しい事が多い病気です。 痛くなったら行くという選択肢も間違いとは言えませんが、痛みが出てる状態と言うのはかなり病気が進行している状態です。 虫歯で痛みがある場合、神経まで達している事がほとんどであり、神経を抜かなければなりません。 もっと虫歯が小さく神経に達する前でしたら、削って詰め物をすれば治せる事が多いです。 つまり、虫歯も歯周病も早期発見早期治療を行う事が大切です。

歯に違和感がある気がするけど別に痛いわけでも欠けてるわけでもないし、 冷たい物もしみないし…何もないのに歯医者に行くのもなぁ、と思ってる方も多いと思います。 それが本当に何もない場合もあれば、ちいさな虫歯がある事や歯周病になってる事もありますし、他の何かがある事もあります。 何かあるかもしれないと悩んでるとストレスも溜まります。来院していただいて何もなければ何もないで、 それをお伝えする事で安心していただけると思います。 そのような小さな違和感がある時に 、どんなに些細な事でも気軽に聞いていただける歯科医師でありたいと思っております。

よろしくお願いします。

ページのトップに戻る

歯科医師 伊藤 貴章

はじめまして、歯科医師の伊藤貴章です。

歯科治療を受けるのに不安や恐怖感をお持ちの方が多いと思います。 治療を開始する前に、現在のお口の中の状態をレントゲン写真や口腔内写真を見ていただき最善の治療方法を提案し説明して、 患者様が納得していただいた上で治療を始めていきたいと考えてます。

治療中も、なるべく無痛の治療を心がけ笑顔でお帰りいただけたらと思っております。

もし、不安な事や疑問点などありましたら、いつでも遠慮せずに伝えてください。

ページのトップに戻る

歯科医師 大石 知弘

初めまして、歯科医師の大石知弘です。

歯科治療に対して不安や苦手意識をもった方がほとんどだと思います。
私自信、簡単に自分の歯を削って欲しくありませんし、簡単に神経を取って欲しいとは思いません。現在の歯科界では『出来るだけ抜かない・出来るだけ削らない』ということは常識ですが、総合的に判断したうえで最も良い治療計画を考え、患者様にとって最も価値の高い治療をすることが、長期的なお口の健康につながると考えております。

患者様が自分の症状や治療方針、手術の内容などで、不安な点や分からない点があれば、気軽にご相談していただける雰囲気をつくりたいと考えております。そして、患者様に笑顔で帰っていただけるような治療をご提供できるよう日々精進してまいります。

ページのトップに戻る

歯科医師 高橋 祐

はじめまして、高橋祐です。

「自分だったらどうしてほしいか」を考え、患者様とお話する中で様々な治療のゴールを提案させていただきます。常に新しい知識、技術を取り入れつつ科学的根拠に基づく治療を行い、治療後も患者様の未来がより健康的になるようメンテナンスにあたっていきます。

疑問や不安な事があれば、お気兼ねなくご相談ください。
よろしくお願い致します。

ページのトップに戻る

歯科医師 矢作 達也

はじまして、歯科医師の 矢作です。

歯科を受診するきっかけはたくさんあると思います。私は困っていること、解決したいこと、不安なことをなるべく早く解決することに全力を尽くしています。
お口の健康は食事がおいしく食べられる、人前で笑顔を見せるといったことをはじめ、体の健康にも大きく関与しています。

しかし、口腔は体の玄関ともいえその環境は複雑です。また多くの場合、虫歯、歯周病、噛み合わせのように症状がないまま悪化し、ある程度の段階を超すと加速度的に環境が悪化してしまい治療期間が長くなってしまう場合もあります。
痛みがある時に歯科を受診するのもいい機会だと思いますが、どんなささいなことでも相談しにいらして下さい。私はお口の健康を守ることを全力でサポートすることを約束致します。

また現在、歯科医療の進歩や患者様の環境や希望等によって治療のゴールは千差万別であると思います。
よりよいゴールを目指すためにも、どんな些細なことでも気になることを気軽にご相談下さい。
よろしくお願い致します

ページのトップに戻る

歯科医師 釜谷 夏紀

ページのトップに戻る

メイン部分のボトム