インプラント
セカンドイメージのドロップシャドウ
赤坂 歯医者・歯科の口コミ・評判
メイン部分のトップ

困難といわれた方へ

>インプラントとは

>痛みや腫れについて

>特別なインプラント

>治療の流れ

>インプラントの料金

>困難といわれた方へ

>最新のインプラント

>インプラント症例

他院にてインプラントが困難といわれた方へ

顎の骨が少なくインプラント治療が困難と言われた方も、特別な方法によってインプラント治療を行うことが出来ます。

GBR法

本来、骨の中にインプラントを埋入しますが、骨幅が少ないとインプラント体が露出してしまうことがあります。
しっかり骨に植え込まないとインプラントが強固に固定できなくなってしまい動揺などを起こしてしまいます。
それを防止するために骨の不足しているところに骨充填材を置き、更に吸収性のあるメンブレン膜というもので覆います。
しっかり結合するまで4~6ヶ月程様子をみてからインプラントを埋入する手術を行います。

点線の部分の骨が足りません 人工骨を足し様子をみます 結合したのを確認しインプラ
ントを埋入します
術前 術後 インプラント植立

下の顎と違い上の顎にインプラントを埋入する場合、上顎洞の存在を確認しなければなりません。
インプラントを埋入する際、骨の深さは理想として10ミリ程必要になります。
そのため上顎洞との距離が近かったり骨の厚みが足りないとインプラント体が上額洞をつきぬけてしまいます。

そこで人工的に骨の厚みを作ってあげ埋入したときに上顎洞をつきあげずにすむことができる方法があります。

ソケットリフト法

専用の道具を使用して上顎洞の底を上に押し上げながら人工骨を使い骨の厚みを作りインプラントを埋入する方法です。
既存骨(元々ある骨)が5ミリ以上ある場合はソケットリフト法が可能です。
メリットは一回の手術で同時に行うことが可能です。

サイナスリフト

既存骨が5ミリ以下の場合はサイナスリフトの方法になります。
上顎洞に窓を開けそこから人工骨を足していきます。
1回の手術で同時にインプラントを埋入できる場合としっかり骨ができるまで数ヶ月様子をみてからインプラントを埋入の2回に分けて行う場合もあります。

どちらの方法でも

  • 上顎洞内の病変(上顎洞炎)
  • アレルギー性鼻炎
  • 上顎の放射線治療を受けている
  • ヘビースモーカー

の場合はこの処置をできないことがあります。

ソケットリフトとサイナスリフトの大きな違いとしては
手術を行う際アプローチをする部位がソケットリフトの場合、形成カ(ドリルで穴を開けたところから)
サイナスリフトの場合、側壁(上顎洞の横から穴を開けたところから)となります。

ページのトップに戻る

メイン部分のボトム