セカンドイメージ
セカンドイメージのドロップシャドウ
メイン部分のトップ

勉強会参加記録
Blog

顎咬合学会ポスター発表

6月に国際フォーラムで行われた顎咬合学会の学術大会にて

ドクター、衛生士全員でポスター発表に参加してきました。

4 5 9 6 8 7

1 2

今年も、他の先生方や衛生士さんたちの勉強内容がハイレベルで
勉学の欲を掻き立てられるような内容ばかりでした。

また、ドクターは顎咬合学会の認定医の資格取得の為の試験も受けてまいりました。

これから更に患者様により良い治療を提供できるよう

努めてまいりたいと思います。

 

 

日付

 カテゴリ:勉強会参加記録

日本顎咬合学会学術大会

6月9日・10日に、有楽町にある東京国際フォーラムで行われた
「第36回日本顎咬合学会学術大会」に今年も参加してまいりました。

図1 図2

今年はドクター・衛生士合わせて10人で参加したのですが、
去年と引き続き今年も、他の先生方や衛生士さんたちの勉強内容がハイレベルで
勉学の欲を掻き立てられるような内容ばかりでした。

図3 図5
図4 図6

また今年もポスター発表をしたのですが、
発表するにあたり論文などで調べ知識を深めたり、
スピーチの練習をしたりと細かい修正をし、
しっかりとポスターを仕上げ発表したのですが
それでもみな至らない点が多々あり、
今後も努力を重ねていかなければと強く思えたいい機会になりました。

図8 図9
図10 図7

今後も来ていただいた患者様が安心し、
満足して頂けるような病院づくりと治療と対応ができるよう精進してまいります。

日付

 カテゴリ:勉強会参加記録

日本顎咬合学会学術大会

6月10日・11日と国際フォーラムで行われた、日本顎咬合学会学術大会に参加してきました。

ドクター・衛生士に加え今回は初めて助手も参加し、総勢15名でポスター発表をしてきました。

年間を通して学んできた事や症例を発表するという貴重な経験、

さらに沢山のドクター・衛生士・助手の発表を聴き、

今後の治療に役立つ知識やホスピタリティなどを学び、吸収することができました。

全員で今回学んだことや経験を活かし、

患者様が信頼し安心して来院していただけるように努めてまいります。

19030431_1377867965637429_7147603060808200087_n image1image2 image4 19030475_1377874332303459_3335584262501965251_n

image3 19060047_1377990525625173_8913620069049171098_n

19059280_1377990622291830_1714762425130889166_n 19029694_1377872018970357_5908438160871717144_n

19030595_1377990625625163_94462913704916694_n 19059481_1377990465625179_3328957279295880232_n

19105887_1377867845637441_6104006252957412161_n

19105543_1377867915637434_2298020885036251316_n 19030226_1377867998970759_1815307875345901361_n

19060171_1377867985637427_7858228265946070238_n

19105837_1377867855637440_6791384665190630649_n 19030533_1377868052304087_2404239316537706094_n

日付

 カテゴリ:勉強会参加記録

インプラント学会

 名古屋に来ています。
0916-2 0916-1
インプラント学会の専門医になるために、専門医教育講座に出ていますが、
骨吸収抑制材を使用中の患者さんに対する歯科治療という内容です。
時代の変化と共に患者さんの病気も変化し治療薬品も変化してくるので絶えず勉強をする必要性を痛感しました。
更なる努力をして高度で安全な診療を目指したいと思います❗

日付

 カテゴリ:勉強会参加記録

衛生士さんの勉強会。

波田野映子先生によるTBI & PMTC(デブライドメント)の講習会に行って来ました。

1   2

TBIのポイント、動機付けのタイミングなど改めて見直すことのできるセミナーでした。
行動変容とそのステージということで、患者さんのモチベーションの段階がそれぞれ違います。

すぐ行動に移してくれる方もいれば、なかなか意欲の湧かない方…本当に様々です。

磨き方のテクニックの向上や、ツール(フロス、歯間ブラシ等)を使っていただくのはもちろん大切ですが、まずはケアの重要性を理解していただくのが重要ということ、そしてそこで焦らずに一人一人のモチベーションや環境に合わせて無理なく長期的な視点で診ていくことが大事だと再認識しました。

今一度、自分の治療を振り返り、このセミナーで得たことを次に活かせるようにしていきたいと思います。

日付

 カテゴリ:勉強会参加記録

勉強会

筒井塾で、噛み合わせの真髄を習ってきました。

Y1 Y3

実習もあり更なる知識を得ました‼

明日からの臨床に反映したいと思います。

日付

 カテゴリ:勉強会参加記録

顎咬合学会学術大会

先月、毎年国際フォーラムで行われる

顎咬合学会の学術大会に当医院のドクターと衛生士で

参加してまいりました。

4月から新しいドクターと衛生士が入り、更に研修医の先生たちも増えました。

新しい仲間と改めて咬合療法の重大さなど学ぶ事が出来て

とても有意義な時間を過ごすことができました。

IMG_1009 IMG_1005

 

 

日付

 カテゴリ:勉強会参加記録

院内実習

    先月院内での勉強会を行いました。 

IMG_0974 IMG_0972 IMG_0976 IMG_0973 IMG_0975
親知らずの抜歯や根幹治療(神経の治療)など一般診療や咬合治療の内容の再確認を行いました。
一般診療に関して、全てのドクターが行うことが出来ます。しかし、ドクターごとに癖や考え方が少し違いが生じてくることがあります。
それが大きな違いを生じてしまう場合は、病院の方向性に違いをきたし、患者様にとって不安を抱かせてしまう場合があるため、このような場を設けて、考え方などの違いを最小限にとどめることを行っています。
また、ドクターの考え方やセミナーに参加したドクターの新しい知識、技術を学ぶことが出来、充実した勉強会になりました。
これらのことを患者様に還元できるようさらに精進していきたいと思います。

日付

 カテゴリ:勉強会参加記録

咬み合わせ

筒井先生の咬み合わせのアドバンス勉強会に参加してきました。

IMG_0937

現在の問題だけでなく、将来起こりうる問題も考慮した上で

形態的・機能的な事から生活習慣まで

よりアドバンスな事を学んできました。

 

日付

 カテゴリ:勉強会参加記録

筒井塾の実習

IMG_0443

生理学咬合と補綴学咬合を理解し、生体にとって理想的な咬合に戻していきます。

口腔内だけでなく、顔や姿勢をみることの重要性を再確認できました。

口腔内写真、全身写真から得られる情報がこんなにも多いのかと驚きました。

また患者さんの態癖にもきちんと責任を持たせるという概念も大切だと思いました。

日付

 カテゴリ:勉強会参加記録

メイン部分のボトム