セカンドイメージ
セカンドイメージのドロップシャドウ
メイン部分のトップ

ホワイトニング
Blog

ホワイトニング

ホワイトニングは、歯本来の色を明るくすることにより、歯を白くする方法です。

当院で行っているホワイトニングには、

・オフィスホワイトニング

・ホームホワイトニング

・ウォーキングブリーチの3種類があります。

今回は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの症例をご紹介します。

 

 

オフィスホワイトニングは、診療室内で行うもので、

濃度の高いホワイトニング剤を使用し、LEDのライトを当てることで

1回の処置である程度の効果を期待できます。

 

スライド1

メリットは、即効性があり、一度の来院である程度の白さを得られる為、

結婚式を間近に控えているなど、急ぎの方にはおすすめです。

デメリットは、歯科医院での拘束時間があります。(約1時間半)

 

 

ホームホワイトニングは、専用のホワイトニングトレーをお作りし、

ご自宅でホワイトニング剤を入れたトレーを歯に数時間装着することで、

歯を白くしていく方法です。

スライド2

メリットは、歯科医院での拘束時間はほとんどなく、

好きな時間に自分のペースで行え、比較的、白さが長持ちします。

デメリットは、効果が出るまでにある程度の時間がかかります。

(使用状況によって、個人差がありますが2週間から数ヶ月)

早く歯を白くしたい方、毎日続けることが困難な方には難しい方法になります。

歯列不正の状態によっては困難な場合があります。

 

また、どちらの方法でも、個人差はありますが、

術後に知覚過敏を感じることがあります。

(※オフィスホワイでは、より痛みの出にくいホワイトニング剤を使用しております。)

どちらの方法がご自身に合っているか、しかっりカウンセリングを行いますので、

ご興味ある方は、ぜひご相談ください。

 

 

 

日付

 カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチとは神経を除いた歯に適応できる漂白方法で、歯の中に漂白剤(30%過酸化水素水と過ホウ酸ナトリウムの混合物)を入れて、歯の中から象牙質の着色を落とし、白くする方法です。

薬を神経のあった部分に入れて、セメントで蓋をします。
歯の色の変化をみて、通常2、3回薬を交換します。

図1

左上の前歯が黒ずんでいます。これは虫歯が原因ではなく、歯の内側の象牙質の着色が透けて見えてしまっている状態です。

ウォーキングブリーチを開始しました。

図2

前の写真から1週間後の状態です。

前回と比較すると、着色が薄くなりました。

しかし、まだ他の歯と比べると色調に差があるため、もう一度薬を入れかえます。

図3

他の歯と調和がとれるぐらいまで着色がなくなりました。

このケースは3回薬を入れかえてこのような状態まで回復することができました。

 

日付

 カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

変色歯への対応

 

皆さんこんにちは!
 
今日は変色歯への対応の症例です。
 
写真の患者様は、歯茎が腫れたという主訴で来院されました。
 
前歯の左側が黒く変色していますね。また、その歯の根が感染をおこしてしまっています。
 
このような場合まずは、根の治療を行います。
 
 
 
 

根の感染が無くなり、根の治療が終了した後に通常であれば、歯の裏側に穴を開けているので蓋をしたらおしまいになりますが、患者様も変色した歯が気なるとおっしゃったため、2つの方法を選択提示させていただきました。
 
1、歯を大きく削り被せ物(差し歯)にする。
 
2、漂白剤を入れ変色した歯をもとに戻す。
 
1は保険適応ですが、健康な歯を大きく削る必要がある。
 
2は保険適応ではないが殆ど削らずに済む。
 
ここで、自分が患者であればどちらを選択するか?殆どの歯科医師は2を選択すると思います。
 
 
 
 

大きなメリット・デメリットは上記の2つですが、費用など更に詳しくお聞きになりたい方は是非歯科医院に御来院ください。
 
丁寧に説明いたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日付

 カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

ホワイトニングの症例

  前歯の被せ物が古くなり、被せ物を新しくするのにあたり、

ホワイトニングをして、全体の歯を白くしてからのやりかえを希望され、

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの処置を行った症例です。

 

 ホワイトニング処置前の写真です。

右上の前歯2本が仮歯です。

仮歯の比べ、ご本人の歯の茶色さが目立っています。

 

オフィスホワイトニング処置後の写真です。

約1時半の処置でここまで白くなりました。

当院で行うオフィスホワイトニングの特徴は、痛みの出にくいホワイトニング剤を選んで使用し、

一回の処置で効果を期待することが出来るので、患者様の負担は比較的少ないと思います。

(※効果や痛みには個人があります。)

 

今回はこの後に、さらに効果を期待し、ホームホワイトニングを使用して頂きました。

ホームホワイトニング後の写真です。

オフィスホワイトニング後の白濁(白いまだらな模様)も消え、

歯の自然な透明感が出ました。

ホームホワイトニングの特徴は、時間をかけてじっくり作用させるため、

自然に白くなり、またホワイトニングの効果も長持ちします。

 

 

 ホワイトニングをされる際は、患者様お一人お一人に合った方法で、

効果的に行えるように、カウンセリングをし、お手伝い致しますので、

ご興味あれば、ぜひご相談下さい。

 

 

 

 

日付

 カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

オフィスホワイトニング

  オフィスホワイトニングの症例をご紹介します。

 この方は上の前歯3本被せ物をしています。

今回、その前歯をやりかえる際ホワイトニングを先に行い周りの天然歯を白くしてから

その白さに合わせて被せ物の色も合わせていくことに なりました。

ホワイトニングは天然歯以外白くはなりません。(被せ物や白いつめもの)

白い詰め物や被せ物をやりかえる時、ホワイトニングもご希望であれば先に詰め物からやりかえてしまい、

その後にホワイトニングをしてしまうと色のムラができてしまうので順番はホワイトニングを先に行った方が良いと思います。

被せ物の色や天然歯の色でお悩みであればご相談ください。

日付

 カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

白い歯

今日はホワイトニングの症例を紹介したいと思います。

ますは、写真をご覧ください。

●ホワイトニング前●

 ●ホワイトニング直後●

 

 20代女性の方です。

お仕事帰りに来院され

「前からホワイトニングしたいと思っていたけど、なかなか機会がなくて・・・」と

少し、不安げな様子でしたが、

まず、しっかり患者様と向き合ってお話から始めました。

患者様がお持ちの情報や不安要素・理想の白さなど、十分に聞きました。

ホワイトニングが初めてと言うこともあって、メカニズムも分かりやすく伝え

十分に納得して頂き、ホワイトニングに入りました。

最近では、削らず自然な白さをGETできる「ホワイトニング」も人気の治療です。

この患者様も、一段と素敵な笑顔で帰られました。

口元が明るいと、笑顔に自信が持てるだけでなく、相手への印象も随分変わってきますよ。

みなさんも、ハッピースマイルで☆

日付

 カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

ホームホワイトニング

 今回はホームホワイトニングの症例です。

 

 ホームホワイトニング前の写真です。

ホーム前-thumb-350x236-2647.jpg

患者さまのご希望により、

今回はホームホワイトニングをすることになりました。

 

 

 ホームホワイトニング後の写真です。

ホーム後-thumb-350x236-2650.jpg

患者さまの使用できる頻度にもよりますが、

今回は約3週間で上下それぞれ2本づつのジェルを使用して頂き、

ここまで白くなりました。

 

 

このように、ホームホワイトニングでも十分な効果が期待できます。

 

オフィスホワイトニングと比べると、

時間と患者さまの手間がかかってしまうところがあるかもしれません。

 

でも、追加のホワイトニングや再ホワイトニングには手軽な方法かと思います。

 

 

 個人差などもありますので、お気軽にスタッフにご相談ください。

 

日付

 カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

オフィスホワイトニングとウォーキングブリーチの症例

 当院で行っているホワイトニングの症例をご紹介します。

ホワイトニングの種類には、・オフィスホワイトニング

                 ・ホームホワイトニング

                 ・ウォーキングブリーチ  の3種類があります。

                           (詳しくはホワイトニングのページをご覧ください。)

 

 今回は、オフィスホワイトニングとウォーキングブリーチを併用した症例です。

 

 初診時の口腔内写真です。

 
 

1.jpg

歯面にステイン(着色)が見られたため、

ホワイトニング処置前にエアーフローでクリーニングをさせていただきました。

 

 

 ホワイトニング前の口腔内写真です。

武藤 前-thumb-350x262-2398-thumb-350x262-2401.jpg

全体的にきれいにしたいとのことでホワイトニングをご希望されていましたが、

右上の前歯の変色が特に濃いのがよくわかると思います。

これは神経のない歯で、失活歯と言います。

神経を取った後にこのように黒く変色します。

このように失活歯の変色については、通常のホワイトニングでも多少白くはなりますが、

他の歯に比べて、白くなりにくいため、ウォーキングブリーチも行い、

自然な色になるようにしていくことになりました。

 

 

 オフィスホワイトニング後の口腔内写真です。

武藤 後-thumb-350x262-2394.jpg

全体的に白く明るくなりました。

右上の前歯は黒さが残るため、ウォーキングブリーチを行いました。

 

 

 ウォーキングブリーチ後の口腔内写真です。


4.jpg 

 目立っていた上の前歯の左右の色の差はほとんど分からなくなりました。

 

 今回はオフィスホワイトニングとウォーキングブリーチを併用した症例でしたが、

どの方法がその方に合った方法なのか、

患者様ご本人に十分カウンセリングさせて頂いたうえで、

ホワイトニングを行っていきます。

 ご興味のある方はぜひ、スタッフにお声をかけて下さい。

 

 

               

                

日付

 カテゴリ:ホワイトニング, 審美歯科, 症例集

漂白

   

歯が変色する原因にはいろいろあります。

虫歯・着色・幼少期の薬剤多量摂取などがあげられますが、中でもよく見られるのが神経の処置を終えた歯の変色です。神経がなくなると栄養が行かなくなり瑞々しさが失われます。

 

そんな歯に対して薬を使って色の白さを取り戻すことができます。

 

では実際の症例を見てみましょう。

413.2.JPG

初診時の状態です。 

 

161 神林32.1.JPG

レントゲン写真です。根っこの周りが歪な形をしています。このような状態を外部吸収といいます。外傷などでぶつけた歯に見られます。

このような歯はあまり予後がよくありませんが患者様の希望もあり残すことにしました。

 

419.jpgのサムネール画像

虫歯を取りきり、根っこの処置が終わったとこです。

まだ色の変色が見受けられます。

ここから漂白の薬を使います。

 

593.jpg

 最終的な状態です。万能ではないのが漂白は必ず後戻りをするので色が気になったらまた漂白をしなければなりません。

被せ物をする為に歯をたくさん削るのではなく自分の歯を使えるところが一番のメリットだと思います。

 とても喜んでいただきました。

 

 

 

 

 

 

日付

 カテゴリ:ホワイトニング, 審美歯科, 症例集

メイン部分のボトム


ネット予約
24時間受付中