セカンドイメージ
セカンドイメージのドロップシャドウ
メイン部分のトップ

症例集
Blog

矯正治療

•初診の状態です。 歯列不正の影響で咬み合せが悪く、顎関節に痛みが出ているような症例です。
•顎関節の症状を改善するには、咬み合せを治す必要があります。
•矯正装置をもちいて歯列不正の改善、ならびに咬み合せの改善を行うことになりました。
•矯正治療=審美 と思われる方が多いと思いますが、咬み合せをなおすことにも非常に有効な治療方法です。
•約10か月後の状態です。
•歯列不正の改善、咬み合せの改善が完了し顎関節の痛みが和らぎました。
•この状態を維持するためにも、現在は定期的な検診を行っています。

日付

 カテゴリ:症例集, 矯正歯科

ホワイトニング

ホワイトニングは、歯本来の色を明るくすることにより、歯を白くする方法です。

当院で行っているホワイトニングには、

・オフィスホワイトニング

・ホームホワイトニング

・ウォーキングブリーチの3種類があります。

今回は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの症例をご紹介します。

 

 

オフィスホワイトニングは、診療室内で行うもので、

濃度の高いホワイトニング剤を使用し、LEDのライトを当てることで

1回の処置である程度の効果を期待できます。

 

スライド1

メリットは、即効性があり、一度の来院である程度の白さを得られる為、

結婚式を間近に控えているなど、急ぎの方にはおすすめです。

デメリットは、歯科医院での拘束時間があります。(約1時間半)

 

 

ホームホワイトニングは、専用のホワイトニングトレーをお作りし、

ご自宅でホワイトニング剤を入れたトレーを歯に数時間装着することで、

歯を白くしていく方法です。

スライド2

メリットは、歯科医院での拘束時間はほとんどなく、

好きな時間に自分のペースで行え、比較的、白さが長持ちします。

デメリットは、効果が出るまでにある程度の時間がかかります。

(使用状況によって、個人差がありますが2週間から数ヶ月)

早く歯を白くしたい方、毎日続けることが困難な方には難しい方法になります。

歯列不正の状態によっては困難な場合があります。

 

また、どちらの方法でも、個人差はありますが、

術後に知覚過敏を感じることがあります。

(※オフィスホワイでは、より痛みの出にくいホワイトニング剤を使用しております。)

どちらの方法がご自身に合っているか、しかっりカウンセリングを行いますので、

ご興味ある方は、ぜひご相談ください。

 

 

 

日付

 カテゴリ:ホワイトニング, 症例集

マウスピースを利用した症例

マウスピースで症状が改善したケースを紹介します。

初診時、患者様の訴えは「右の咬みあわせが高い気がする。右耳の耳鳴りがある。」でした。

初診時の写真です。

スライド2

歯が回転して上下の歯がうまくかみ合っていない部位はありますが、それ以外は特に問題がないように見えます。

スライド4

このような咬みあわせのズレや異常は、頭痛・肩こり・耳鳴りなどの不定愁訴や顎関節症の原因となる事があります。

このようなケースでは、マウスピースを利用する事によって正しい位置で咬めるようになり、顎関節の負担を軽減できます。スライド7

マウスピースを使用したところ耳鳴りは消えました。念のためゴシックアーチという装置で顎関節に異常がない事を確認しました。

スライド9

このようにマウスピースは咬みあわせの悪い方や顎関節症の方には効果的な治療ですので、お悩みの方はご相談ください。

 

 

 

日付

 カテゴリ:かみ合わせ, 症例集

咬合性外傷を伴った歯周炎の治療

・患者:45歳 男性
・主訴:右上奥歯に少し痛みがある。
・現病歴:半年程前に右上臼歯部に痛みを覚えるも、その
      まま放置。
・既往歴:なし
・特記事項:1日15本の喫煙
         歯科受診は約7~8年振り

図1

図2 図3 図4

図1

 

主訴部位である、右上臼歯部の歯周ポケット・動揺の改善の変化です。

図6

歯周外科処置を行い、縁下の歯石を完全に除去出来た事で再評価で歯周ポケットと動揺の改善が見られた。

外科処置と聞くと、少し抵抗を感じる患者様は多いですが、改善の結果はやはり明らかである。事をあらためて感じました。

 

衛生士・岡川

日付

 カテゴリ:歯周外科, 症例集

入れ歯を伴った噛み合わせの修正

症例ブログをご覧の皆様こんにちは。
今回は不適合になった入れ歯・差し歯・歯周病・咬合平面の修正・改善を行った症例です。
かみ合せせついては、下記を参照してください。
初診時のレントゲン・口腔内写真です。
咬合平面のズレ・保存不可能な歯の存在・不適合入れ歯の確認ができます。
スライド2
スライド3
スライド4
スライド5
スライド6
本来、咬合平面は、頭の基準平面を軸にきめられています。
このように湾曲して存在することはありません。
患者様には、平面の修正・保存不可能な歯の抜歯・入れ歯の再製作をお話して
了承を得たので治療を開始することとなりました。
まずは、レントゲン・模型上にて患者様に保存不可能な歯、差し歯の不適合部、
平面の異常の説明をおこないます。
 スライド7
スライド8
出来上がった治療用入れ歯・仮り歯を見ていただき、
イメージしていただいた後に治療にはいります。
抜歯を行い、治療用の入れ歯・仮り歯を同日に行います。
このときの処置時間は大変長くなります。
(治療用の入れ歯は保険適応外になります。)
この時点でおおまかな咬合平面の修正は行います。
スライド9
スライド10
次に虫歯・歯周病の処置となります。右下の一番奥の歯に虫歯が存在し、
痛みを生じてしまっているので、神経の処置となりました。
同歯の歯の股の部分に炎症(根分岐部病変といいます)が存在しているため、
今回は歯根分割法を選択しました。
歯根分割を行うことで、歯の股の炎症を除去しメインテナンスを行いやすい環境作りを行います。
スライド11
スライド12
スライド13
歯周組織・咬合平面の安定が得られた後に最終的な被せ物・入れ歯を作成していきます。
 スライド14
スライド15
スライド16
スライド17
最終的な状態の写真になります。
治療前後と比較すると大きく異なります。患者様も大変喜んでいただけました。
ここからは、メインテナンスになります。一緒にがんばりましょう。
全体的な処置はどうしても、時間・回数はかかってしまいます。
根気よく続けるしかありませんが、我々も最大限努力しますので
ご理解の程よろしくお願い致します。
スライド18

日付

 カテゴリ:かみ合わせ, 入れ歯(義歯), 症例集

咬合による歯肉、歯の変化

噛み合わせの問題でマウスピースを作っている人も多いと思います。

マウスピースを入れた事での変化を紹介します。

スライド3

青いまるの所の歯肉が回復しているのがわかります。

しみる症状も緩和されました。

スライド2

 

レントゲンでは左下の歯根膜腔の拡大がなくなりました。

 

初診時の写真です。歯肉に腫れがあり、出血もあります。

スライド4

 

スライド5

 

歯周基本治療を終え、歯肉の腫れや出血が良くなりました。

咬合も上げて噛み合わせが良くなりました。

スライド6

 

レントゲンでは。歯根膜腔の拡大の回復や骨も少し

回復したように見受けられます。

 

噛み合わせが良くなる事で、歯肉や骨に変化が出てきます。

マウスピース忘れずにつけましょう。

日付

 カテゴリ:未分類, 症例集

エアフロー・ピーリング

歯科受診がお久しぶりで、クリーニングをご希望された患者様の口腔内写真です。

スライド1

歯石と、喫煙による歯の着色が目立ち、ご本人も気にされていました。

歯石除去とエアフローでクリーニングを行いました。

 

図1

その後、歯周病の検査により、軽度の歯周病の進行を認めた為、歯周治療も行いました。

スライド3

 

歯周治療により、歯肉の改善を認め、

さらに審美的に歯肉着色を改善する為に、歯肉ピーリングを行いました。

歯肉ピーリングは、歯肉着色の程度によりますが、

数回の処置で歯肉をきれいする事ができます。

スライド4

 

喫煙すると歯だけではなく、歯肉や歯周病にも影響があります。

気になる方は、ぜひご相談ください。

 

 

日付

 カテゴリ:クリーニング, 審美歯科, 歯周病治療, 症例集

前歯の治療

図1

右上の2番目と3番目(※)の歯に被せ物が入っています。

この被せ物はメタルボンドといい、金属をベースに白いセラミックを付着させた

被せ物です。要するに金属ベースのセラミック製の歯です。

長期間の使用により、歯と歯肉の境目にブラックラインが出来てしまっています。

さらに、自身の歯と比較すると透明感に欠けてしまっているのが分かります。

これは金属ベースの欠点です。

この問題をクリアするために、今回はオールセラミッククラウンで

治療することにしました。

 

オールセラミッククラウンとは、クラウン(被せ物)の素材が、

全てセラミックで作られているものを指します。

オールセラミッククラウンの特徴は、自然の歯に近いツヤと透明感を持ち、

金属などを含まないことから、変形などの劣化を起こしにくいという点です。

また、金属アレルギーの方にもご使用いただけ、

過去の治療による歯ぐきの黒ずみを起こしている状態を、

オールセラミッククラウンに替えることで改善することができます。

オールセラミッククラウンのデメリットは、素材がレジン(プラスチック)や

銀のものよりも治療費が高く、技工所やドクターの高い技術が要求されます。

また、オールセラミッククラウンの特徴である、透明度の高さを生かすには、

クラウンの中の土台にも、金属を使用しない白い土台を使用すると

とてもキレイに仕上がります。

図2

治療後の状態です。

右上の2番目と3番目(※)の歯にオールセラミッククラウンを装着しています。

オールセラミッククラウンによる治療を行ったことによって、

歯と歯肉の境目のブラックラインも無くなり、さらに色調、形態、透明感も

自身の歯に調和しています。

この状態を長く維持するには、メインテナンスも重要なので、

当医院では治療終了後も定期的に検診を行っています。

 

日付

 カテゴリ:審美歯科, 症例集

メイン部分のボトム