セカンドイメージ
セカンドイメージのドロップシャドウ
メイン部分のトップ

PMTC

 当院では、治療中や治療終了された患者様にPMTCをお勧めしています。

PMTCは“Professional Mechanical Tooth Cleaning”の略で、

全ての歯面の特にキーリスク歯面(ご自身でのブラッシングができない部分)のプラークを

選択的に除去することを定義とし、歯肉縁下(歯と歯肉の境のポケット)1~3mm までのプラークを

専用の機械とフッ素が入った研磨ペーストを用いて除去することです。

 PMTCと保険で行うことのできるポリッシングというクリーニングの違いは、

ポリッシングはセルフケアによってほとんど磨けている“ノンリスク面”も含めて研磨する為、

何度も繰り返し行うことでPMTCに比べ、歯面を傷付ける可能性があり、

長期的に虫歯や歯周病の予防をしたい方にはPMTCをお勧めしています。

 私達、歯科衛生士はPMTCをする際、こんな事に注意してPMTCを行います。

    ①プラークを残しません!!

      ・患者さんが磨けている部位、リスクの無い部位を研磨しても意味がありません。

      ・患者さんがご自身でケアできない部位、リスクのある部位→プラークの付着している部位を徹底して、除去します。

      ・歯面の付着物のステインも除去します。 

    ②オーバートリートメントしません!!

      ・必要以上に荒い研磨剤を使用しません。

 PMTCの前には、必ず染め出しを行い、プラークの付着部位を確認します。

ピンクに染まったプラークは、歯ブラシでも比較的簡単に取れる新しいプラークです。

青に染まったプラークは、歯ブラシでは取れにくくなった古いプラークです。

一次研磨で歯面に付いていたプラークを除去した後、二次研磨で歯面の性状の修復を行います。

PMTCの後は最後にフッ素塗布で仕上げます。

PMTCの効果には、

  ①審美性の向上
    (ステインを除去し、光沢のある歯牙表面を回復。)

  ②歯質の強化
    (フッ素の効果で再石灰化を促進し、歯牙を強化。)

  ③虫歯・歯周病の予防
    (バイオフィルムを破壊し、プラークの再付着の予防。)があり、

定期的(1~3カ月)に受けて頂けるとより効果が期待できます。

 なかなかご自身での100%のケアが難しい口腔内ですので、

是非、私達歯科衛生士にお手伝いさせて下さい。

日付

  カテゴリ:予防歯科, 症例集

赤坂の歯科|赤坂デンタルオフィス

メイン部分のボトム


ネット予約
24時間受付中