セカンドイメージ
セカンドイメージのドロップシャドウ
メイン部分のトップ

根の治療

感染根管治療というのをご存知ですか?

根管治療とは、リーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根の病気(根尖病変)を治療・予防するものです。

「Root Canal Treatment」を略して「RCT」とも呼ばれます。

root02.jpg

 

当院で根管治療うけた患者様が1年ぶりに来院したため、患者様の了解を得て、根管治療をした部位をレントゲン撮影させていただきました。

 

治療中のレントゲン画像です。

RCT.jpg

左側の根の先に膿がたまって根の先の骨を溶かしてしまっています。

徹底的な清掃、感染物質の除去、消毒を行い根の治療を終えました。

根管治療をするとき、ラバーダム・顕微鏡などを併用すると予後が良いといわれていますが、無くても大丈夫なことを照明させていただきます。

1年ぶりのレントゲン写真が下の状態です。

 
RCT after 1y.jpg

根の先にあった透過像は全く無くなっています。

先にも述べましたが、根管治療するときにラバーダム・顕微鏡があると治療成果が上がるのは事実です。

そのような器具等がなくても、徹底的な消毒・感染物質の除去を行えば、難しい治療も成功します。

しかし、数回の治療では終わりません。患者様も根気良く通院してください。

我々歯科医師も患者様のご希望にそえるように頑張ります。

 

原島

日付

  カテゴリ:根管治療, 症例集

赤坂の歯科|赤坂デンタルオフィス

メイン部分のボトム


ネット予約
24時間受付中