セカンドイメージ
セカンドイメージのドロップシャドウ
メイン部分のトップ

歯周病と咬合性外傷の治療

 初診時のレントゲン写真と口腔内写真です。

初診時

左上2番が歯周病と咬合性外傷によって、垂直的な骨吸収を認めます。

歯周ポケットは7㎜で、排膿も認め、歯の動揺が著しい状態です。

また、咬む力によって歯が移動してフレアアウトしています。

 

歯周病と咬合性外傷の問題を改善するために、歯周基本治療と矯正を行いました。

矯正後

治療後、歯周ポケットは4㎜に改善し、歯の動揺も軽減しました。

矯正を行ったことで、咬合性外傷の問題を改善することができ、

さらに審美的にも良くなり、患者様ご本人にも喜んで頂きました。

 

日付

  カテゴリ:歯周病治療, 症例集, 矯正歯科

赤坂の歯科|赤坂デンタルオフィス

メイン部分のボトム


ネット予約
24時間受付中