セカンドイメージ
セカンドイメージのドロップシャドウ
メイン部分のトップ

インプラント処置

暑い日が続きますけど皆様夏ばてはしていないですか?

今日は全顎インプラント処置を行った症例の報告です。

下の写真は初診時の口腔内の状態です。

O1.JPG

どこで噛んでいいのか分からない状態ですね。

入れ歯も磨り減り、残っている歯も保存不可能な状態でした。

ご本人の希望もあり、入れ歯では無くしっかり噛みたいとのことでしたので、インプラント処置を行うこととなりました。

下の写真がインプラントお行い、仮の歯が入った状態です。

仮の歯が入った後は噛み合わせを細かくチェックしていきます。

通常このように、歯が1本も無い場合現在はオールオン4,6と言う処置方法が一般的になります。

この患者様の場合上顎に7本、下顎に6本のインプラントが埋入されています。

O2.JPG

最終的な被せ物が入った状態です。

唇を引っ張るとインプラントの土台の一部が見えてしまいますが、普段の日常生活では、絶対見えることはありません。

左側の写真が笑った状態ですが全く見えなく、患者様も喜んでいただけました。

O3.JPG

治療期間も大変長くかかりました。ここからは、メインテナンスのスタートです。

一緒に長く持たせる様頑張りましょう。

日付

  カテゴリ:インプラント, 症例集

赤坂の歯科|赤坂デンタルオフィス

メイン部分のボトム


ネット予約
24時間受付中